教育研修

印刷する

STEP1:入社前研修社会人としての自覚をうながし、必要な知識やモラルを学ぶ。

学生から社会人になるということは、大きな変化となります。たとえばルールを守ることの重要性や、人に対するマナー、コミュニケーションのあり方など、今までとは違った人間関係、組織の中での社会人として自立することを学んでいきます。

STEP2:新入社員研修徹底した実地研修でこれから働く職場のこと、社員としての基礎知識を学ぶ。

製造部の各課で、1週間~1ヶ月の研修を行い、適正や他の部署との関連性を理解してもらいます。その他に、三重県にある大安工場での一日研修や、安全衛生講習も実施します。
また外部研修などにも積極的に力を注いでいます。最終的に、各部署に配属後は、専門的な知識を配属先の部署で学んでいきます。

STEP3:中堅社員研修指導する知識を学び、次のステップへの意欲向上を図る。

仕事に対する一般的な研修はもちろん、中堅社員としての役割や行動を正しく理解し、必要な知識を修得します。部下の教育や指導に関する研修を行います。また職場では、3ヶ月に一度各自においてテーマを出し、自己啓発研修を実施します。

STEP4:監督者研修リーダーとしての実務や社外セミナーに積極的に参加。

組織の監督者として、課せられた任務を理解し、リーダーシップを発揮するための知識と知性を養います。特に技術を主とする研修内容で、より専門的な指導者としての自覚を深めることを目的としています。

STEP5:管理者研修生産性を高め、経営者の立場に立った知識を修得。

職場内だけでなく、企業全体の広範囲の見解から、各部門の生産性向上を高める能力を身につけます。また研修を通じて社会全体に精通する管理者としての職務遂行能力と人格を養成します。

ページトップ